この「企業倫理綱領」は、わが社が様々な企業活動を行っていく上で、会社及び役員・社員が遵守すべき綱領を定めるものです。
役員及び社員は、この倫理綱領の実践を自らの重要な役割として、率先垂範し、関係先をはじめ社内組織への周知徹底と定着化に最大限注力してください。またこの倫理綱領に抵触する事態が発生した場合には、

自らの責任で問題解決を図り、原因究明と再発防止に向けた業務改善を行ってください。

(1) 法令その他の社会的規範を遵守し、公正で健全な企業活動を行う。
   わが社は、法令や社会的規範、社会的良識に基づいた企業活動を行う。また、わが社は、
   社会的秩序や企業の健全な活動に悪影響を与えるあらゆる個人・団体とは一切係わらない。

(2) 安全で高品質の商品・サービスを提供する。
   私たちは、優れた技術と豊かな経験をもとに、安全で高品質の商品・サービスを開発し、
  消費者・取引先に提供する。

(3) 社員の人格・個性を尊重し、ゆとりのある豊かな職場環境を実現する。
   わが社は、社員一人一人の主体性と創造力を大切にし、それが企業活動に活かされる企業風土を

        醸成する。
   わが社は、職場の安全と社員の健康を守るとともに、人権を尊重し、差別のない健全な職場環境を

        確保する。

 

(4) 利害関係人の立場を尊重する。
   わが社は、顧客、取引先、社員、株主等を含む幅広い社会との健全で良好な関係維持に努める。

 

(5)地球環境の保全と豊かで住みやすい社会作りに貢献する。
   わが社は、この地球から、事業活動に必要な資源等さまざまな恩恵を受けており、

        地球環境をよりよき状態に保全していくことが自らの責務であることを自覚する。